反町雄彦のイ・リーガルダンク、地獄の沙汰も金次第。株式会社東京リーガルマインド。



カテゴリ:[ 資格/就職/転職 ] キーワード: 社会保険労務士 弁護士 税理士


148件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[192] ■ 選挙には2種類ある !!! ■

投稿者: トム 投稿日:2018年 1月20日(土)05時52分51秒   通報   返信・引用


選挙には全く性格の異なる2種類の選挙がある。

一つは、大統領や知事等を選ぶ首長選挙。もう一つは、有権者の代理人を国会に送る議会選挙だ。

たった一人の代表を選ぶ首長選挙は、対立候補がおり、当然当選者があれば落選者も出る。
それは有権者の代表を集約する意味から致し方ないことである。

しかし、議会選挙は、有権者の代理人を選ぶ選挙だから、全ての有権者が自分の代理人を国会に送れなけばならない。
民主社会は元々、有権者が一堂に会してそこで議論しことを決していた。
ところが、国の規模が大きくなるとそうも行かなくなる。そこで有権者の代理人を議会に送り、代わりに議論し表決させるようになった。議員のことを代議士と呼ぶのはこの為である。

だから、代理人を送れなかった有権者がいてはならないのである。
小選挙区制は、僅か27%の得票で80%の議席が取れてしまう選挙で、一つの選挙区で見た時、当選した候補者の支持者以外は誰一人として自分の代理人を国会に送れないのである。
当選した候補者以外に投票した有権者の票は、死票として総てドブに投げ捨てられてしまう。

二十年前に小選挙区制になるまでは衆議院は中選挙区制だった。その制度で50年近くやられていたが、得票率で見ると概ね自民党が47%、野党が53%だった。だが、中選挙区制には死票があったから、獲得議席数は概ね自民党が6割、野党が4割になった。53%の得票で40%の議席だから、概ね13%の投票が死票になり、どうしても政権交代できなかった。
 小選挙区制に変ってからは、前々回の総選挙では、得票率は自民党が27%、野党が73%だったが、獲得議席数は、自民党が80%、野党が20%となった。73%の得票で20%の議席だから、何と53%の投票がドブに捨てられたのである。
過半数の票がドブに捨てられると言う現実。これは民主主義にとって致命的である。
この制度は国民を蔑ろにする心からしか生まれて来ない。

小選挙区制は、一つの選挙区から一人だけしか当選しない制度だ。ところが戦後50年間の日本の選挙の歴史を見るとどの選挙区でも支持政党の割合は殆ど同じで自民党が第一党で、時には第二党まで自民党である選挙区が多数あった。この様な政治風土国民性のある国で、小選挙区制を用いると、自民党一色になってしまうことは小選挙区制が導入される前から警告されていた。
譬えれば、水、油、水銀の入った容器が300個あったとする。その上澄みだけを取って集めたら、総て油になってしまう。
水、油、水銀が国民の意見だとすると、油だらけの国会が国民の意見を投影する議会と言えるか? 言えないだろ。

そこでは健全な議論も出来ないし、表決も公正ではない。

議員の発言時間は、政党の議席数に比例している。
だから議席数も国民の各政党の支持率と同じでなければならない。

議会の表決では、一議席違っただけで法律が通ったり通らなかったりする。だから一議席は限りなく重い。
本来国民が自民党に与えた議席よりも100議席もあり得ない議席を得てしまう小選挙区制で出来たものは議会とは言えない。その結果出来た法律は正当な国民の支持の下出来たものではない。
だから、小さな首長選挙を集めた様な小選挙区制は議会選挙には絶対に用いてはならない制度なのである。

ただ選挙をやればいいと言うものではない。
民意が議席に反映して初めて議会選挙と言えるのである。
今の小選挙区制下の総選挙は、ただ選挙をやったと言う気分だけを国民に与えている儀式に過ぎない。

民主政治は、政府を議会が監視することで正常に機能する。
だが、今の日本は、国会は形だけのものとなり、政治を監視する機能においては政府だけがあって議会が無いも等しい状態となっている。
これは、フセイン時代のイラクや北朝鮮、中国と少しも変わらない。

国会中継を見るとあたかも厳しく対立しているかのように演じられているが、あれは茶番に過ぎない。
民主主義が行われている様に見せ掛けているだけである。騙されないように。
それは何故かは言うまでもなく、自民党にだけ異常に有利な小選挙区制に大賛成して通して置いて、その結果出てくる法案に反対して見せても欺瞞だからである。本質を見抜くことが大事。

二十年前、野党の結集だとか反自民の結集だとか言う甘い言葉に乗せられて野党の皮を被った自民党の分裂組に投票した結果、国民が何をされたかと言えば、まず小選挙区制で選ぶ権利を奪われ、君が代日の丸法で子供の情操の自由が奪われ、盗聴法で通信の秘密が奪われ、国家機密法で知る権利を奪われ、消費大増税で搾取され、戦争法で戦争に巻き込まれる危険を課され、空き家法で場合によったら財産権まで奪われ、国民葬背番号法でプライバシー権まで奪われ、辺野古サンゴ礁の埋め立てで異常気象の災禍に遭う危険を課された。民意が反映していない議会が発議した憲法改悪など、例えば、自民党は憲法改悪案の一つとして、緊急時を考えた条文を言い出した。つまり緊急時には国民の基本的人権を一時的に停止する戒厳令だとか、憲法停止条項などが浮上してきた。集会結社、表現の自由、通信の秘密などを無期限に停止することもあり得る。これからどんどん国民の権利は奪われて行くだろう。
選挙をする度に国民の首は絞まり、選挙をすればする程、日本の民主主義は死んでいく。
 小選挙区制によって既に、日本国民の権利、民主主義に王手が掛かりつつあることに気付かないと大変なことになるよ。

この日本の政治の危機から国民を守る方法は一つしかない。それは民意が議席に公正に反映する選挙制度に改革することだ。
民意が議席に公正に反映する選挙制度は一つしかない。それは完全比例代表制である。


今のこの歪んだ小選挙区制を比例代表制に変える方法は一つしかありません。

それは、民意が議席に公正に反映する比例代表制に替えて日本の民主主義を回復しようとする政党が集まって、選挙制度改革内閣を作ることです。
比例代表制にすることを目的に、小選挙区総ての選挙区に心ある野党の統一候補を立て、勝利の暁には、直ちに衆参の選挙制度を比例代表制にし、法案成立の後には直ちに衆議院を解散して、新しい選挙制度の下で総選挙をすると国民に約束して、総選挙に臨むしかありません。

残念ながら共産党を含めて野党各党にはその意思はないようです。
だから、国民が衆議院選挙をボイコットするしかありません。
投票率が極限まで下がれば、世界中から何だ何だの注目やら批判を浴びて変えざるを得なくなるでしょう。

いわば無血革命ですが、あなたにそれをする気概がありますか?

それを防ぐ為、今自民党は、18歳選挙権とか駅で投票とかあの手この手で投票率を下げまいとしています。
騙されてはいけません。今こそ、小選挙区制下の衆議院選挙をボイコットする時です。


実現するまで、何度でもボイコットしましょう。
欲しがりません勝つまでは。。。。。



yahooやgoogleでは、普通の人が前知識なしに選挙に関して入れるであろう「選挙制度」だとか「選挙制度改革」などで検索してもこの書き込みは絶対にヒットしません。
ネット上で検索できないように検索結果から消されているようです。
この書き込み特有の「選挙には2種類ある」を入れても語順や助詞、挿入句が違う別のが出て来ます。
政府に都合が悪い意見には、国民がなるべく接しないように操作されているのです。

今の日本の検索事情は、北朝鮮や中国並みになっています。

ここはもう口コミで広めるしかありません。
拡散を希望します。

国民みんなの力で民主主義を回復しましょう!

 




[191] Re: 就活女子大生、体験記。

投稿者: なんたるすけべ 投稿日:2017年11月 1日(水)21時55分42秒   通報   返信・引用 > No.62[元記事へ]

> 今、大学3年生です
> じつは解禁と同時に私の第一希望である某音楽関係に
> 会社訪問に行きました。
> それも自分の熱意を伝えるため何度も訪問し必死に
> 名前まで覚えてもらおうと考えていたんです。
>
> そして先週、本社玄関前で私の父より明らかに年上の
> 男性に声を掛けられ近所のカフェに案内されたんです
>
> なんでも自分は面接官や人事担当さえ決めることができる立場と
> 豪語するんです。
>
> 2014年の採用は3~5名であること
> 成績はある程度の判断材料だが
> それより大学名と同じような成績なら女性の場合
> やはり容姿端麗のほうが有利だとか…
> 女性にはほとんど転勤はないとはいえ面接時には
> 勤務地を選ばないことをはっきり伝えることなど
> いろいろアドバイスをもらったんです
>
> もちろん一言も逃さないように手帳に書き込んで
> 自分が絶対この会社に就職したいことを真剣に
> アピールしました。
> (帰り際に誰にも言ったらダメだと名刺までもらい
> 本当に本社の部長という肩書きだったんです。)
>
>
>
> そして…
> その部長から先週末いきなり携帯に連絡がありました。
>
> 部長には私の携帯番号など教えてなかったんで
> おそらく会社訪問時に書き込んだ私の資料で
> 携帯を知ったんだろうと思います
>
> 内容は週明けの月曜にもう一度個人的に面接したいとの
> 内容だったんです。
> それも私の普段の大学生活や自分の趣味と記入した
> 料理を試食したいという理由で私の部屋に来るとの条件で…
>
> いきなりのことで返事に詰まっていると私の気持ちを察したのか
> 一気に自分の採用枠が1人あることや無理に面接しなくても
> 他の大学生と面接してもかまわないと言われ、思わず承諾
> してしまいました。
>
> 週末は暗い気持ちで過ごしました
> 自分の浅はかな返事に後悔したり、彼氏以外の男性を
> 部屋に招き入れることの重大さに後悔することしかできません
> こちらから連絡してやっぱり断ろうと思いましたが
> まさか一流企業の部長さんだから無理矢理はないよね…!
> そう自分に思い込ませていたんです
>
> そして月曜日…
> リクルートスーツにエプロンという奇妙な格好で料理したあと
> 最悪な想像どおり食事の後、自分のベットに押し倒されると
> 内定させるという言葉で私の抵抗を弱めながら一気に全裸にされ
> たんです。
>
> 大学生となれば、もう処女ではありませんが高校時代から
> 付き合っていた彼以外男性を知りません
> 身体が固まっていた私をゆっくりキスから始まり長い時間
> 部長の舌が身体を這っていました
>
> 最初は気味が悪く本能的に手で拒否していたんですが
> 彼とは全く違うネチネチした動きに自分の身体が勝手に
> 反応していくんです!
>
> 手で拒否していましたがアソコを丹念に舐められると
> 自分を見失うような感覚になり思わず声を出しました
>
> そして部長のアレが侵入したときは余りの衝撃に
> 気絶してしまったんです。
>
> 深く…浅く…
> 私の中でゆっくり動いたり、いきなり乱暴に突かれたり
> わけがわかなくなり部長の背中に手を回したり
> 指示されるまま私の液で濡れているアレを咥えたり
>
> 背後から突かれるとき、命令されるまま自分の左右の
> 指で拡げ催促するような格好で一気に貫かれたり…
>
> 彼との今までのセックスとは全く違う体験でした
>
> そして部長に開放されたのは早朝…。
> 何度も絶頂を迎えた私は耳元で囁く部長の言葉を
> オウム返しに自分の口から
>
> 『お願い!中で出してください~』と
>
> 叫んで一気に部長の熱い精子を受け入れてしまったんです
>
> もちろん彼氏には絶対避妊させていたのに…
> 本当に狂ってしまったんです
>
> 部長が部屋から出て行くときに指示されたとおり
> 合鍵を渡し部長の女になることを承諾してしまった私…
>
> 部長が帰ったあとも起き上がることができず
> 脚だけを閉じ全裸の格好で寝込んでいました
> そのとき自然に涙が溢れ最後は声を上げてワンワン泣き出したんです。
>
> 彼に申し訳ない気持ちと
> 父親より年上の精子でもし妊娠したら…という恐怖
> 身体だけ奪われ就職はできないかも…ということが脳裏に浮かび
> 自分のした行動に本気で後悔しました。
>
> 本当に浅はかな行動をしてしまったバカな私です
>



[190] 象徴天皇制

投稿者: 悪弊 投稿日:2016年 8月 9日(火)02時33分40秒   通報   返信・引用


ついに天皇が政治に口を出す。
ああしろこうしろと政府に指図している。
遠回しに言っているが、内容は一緒。

天皇が言い出すまで政府にはその意思は無かった訳で、これで天皇の言う通りに法改正されたら、悪しき前例を作ることになる。

人は年を食う。それ当然。天皇が年老いたら、その程度に従って皇太子に代行させる予定だった。
天皇が最後の一つの公務もこなせなくなったら、皇太子が摂政になる決まりである。

天皇の発案である生前退位とやらで法改正されたら、実はそれは大変なことなんだ。
戦後の象徴天皇制が完全に崩壊する。
もっとも、象徴天皇制は上手く立ち回ればどんなに悪いことをしても罪に問われないと言う日本社会を腐らせている不正の象徴なのだが、今回、天皇が政治に口を出し、その意向で法改正されたら、その存在自体が日本の民主主義に害を齎していることが再確認されることになる。

自民党政府は天皇に先手を打たれた訳だが、やるなら天皇に言われる前にやることで、言われてからやるのでは無能を晒すだけだ。
先を越された以上、絶対にやってはならない。
もっとも、天皇を中心にした国作りを目指す右翼政党としては、これを機会に民主主義を後退させたいところだろう。
 



[186] Stivali UGG Bailey Bling 3349 nero

投稿者: Stivali UGG Bailey Bling 3349 n 投稿日:2016年 2月22日(月)20時22分46秒   通報   返信・引用

Discount Coach handbags arе very іn demand thesе schedules. One of the biggest reasons discount coach bags are developed in demand, is actually when yоu compare to bе ablе to fashion bags іn general, coach bags arе just onе оf the cheapest. These bags best introduction towards the fashion international. Many women save uр for months in an effort to buy theіr vеry firѕt coach pouch.

http://www.woodbrooksuperfund.org/stivali-ugg-bailey-bling-3349-nero-pro-id-2239.html



[185] 成果を出せない関川講師は自ら会社を去った!

投稿者: 関西企業人事担当者 投稿日:2015年10月27日(火)05時52分25秒   通報   返信・引用

*********************************************************************
MRS ビジネスセミナーのご案内               3/6 大阪
*********************************************************************
  ■経営者だからこそ学ぶ、見える、気づくコトがあります。■
~~~定期昇給をなくし、人件費総額のコントロールを可能にする~~~
        【正しい成果の測り方・報酬の決め方】
      経営者の思いを反映させた成果型人事制度づくり
_____________________________________
詳細はこちらにてご確認下さい。
・・・・・・・>(HP)http://www.mcp.co.jp/mrs.html

毎度皆様方にはご好評いただき厚くお礼申し上げます。
今回も下記内容にて開催いたします。ご多忙のこととは存じますが奮ってご参加下さい。

<対象>
●現状と将来に危機感をお持ちの経営トップ層

<セミナー日時>
●2002年3月6(水)

<開催場所>
●MRSセミナールーム
(住所)
大阪市北区中之島2-2-2 ニチメンビル12階 *日本銀行西隣のビルになります。
最寄駅:大阪地下鉄御堂筋線淀屋橋駅徒歩5分
地図はこちら。[注;MC&P(関連会社)と同じ場所です。]
・・・・・・・>http://web.mcp.co.jp/contents/map/index.html

<開催時間>
●13:30~16:30(受付開始13:00~)

<セミナー内容>
1.成果型人事への転換5原則をご紹介
(1)トップが社員に期待する「成果」を明確にする
(2)成果主義の3要素「結果・プロセス・役割」に基づき評価する
(3)定期昇給を排除し、原資の最適配分を実現する
(4)評価を処遇(賃金・賞与・昇格・昇進・退職金)にダイレクトにリンクさせる
(5)運用の要である管理者の意識転換と運用スキル向上を図る

2.事例研究(月例給と年俸制のケース)
(1)定期昇給を排し「基準給」型に転換したA社
(2)年俸制導入で総原資コントロールを可能にしたB社

(講師)
●関川正之(株式会社エム・アール・エス代表取締役)
山梨大学工学部卒業。食品メーカーを経てコンサルティング会社にて
チーフコンサルタント、取締役。1991年株式会社エム・アール・エス設立。
経営トップと思いを同じにする姿勢でコンサルティングを実践している。
(中小企業診断士)

(受講料)
 20,000円(*税込み金額。同一企業2人目からは受講料半額になります。)

<お申し込み方法>
下記の申込書に必要事項をご記入の上、開催日前日までにお申し込みください。
(お電話、FAX、Eメールにてお願いいたします。)
折り返し受講票、振込み用紙等必要書類をお送りします。


<お問い合わせ>
株式会社エム・アール・エス セミナービジネスセミナー事務局:宮原、藤田迄
(電話番号)06-4706-3330
(FAX番号)06-4706-3340
(Eメール)mrs@mcp.co.jp

……・…………………………切り取り線・・…・・………………………………

◆貴社名:

◆業  種:

◆ご住所:

◆T E L:

◆F A X:

◆部署名:

◆役職名:

◆お名前:

◆E-mail:

http://melma.com/backnumber_56322_583436/




[179] M-ITコンサルティング

投稿者: 事情通 投稿日:2015年10月13日(火)21時08分25秒   通報   返信・引用

2016 新卒採用 専門コンサルタント

株式会社M-ITコンサルティング - 東京都
月給 20.5万 ~ 21.5万円 - 新卒
私たちのソリューションビジネスに必要な資質は、
お客様の困っている事や問題点を理解し、それをプランニングし、いかにわかりやすくご説明できるかということ。
例えば、聞き上手な方や周りから相談をよく受ける方が向いています。

また自らの手で解決策を企画・立案する主体性と、
周囲と意見交換して新しい価値を創造していくコミュニケーション能力も求められます。
日々新聞や雑誌等で情報収集をする事が好きな方をお待ちしています。

業務に必要なスキルやノウハウは、入社後に身に付けていただけますので、
面接を行い「人物を重視」させていただきます。
職種 S.P.U.(ソリューション・プランニング・ユニット)企画営業

【経営上の課題を深く分析し、最適な答えを導き出す】
クライアント企業の経営課題を解決するため、ヒアリング~戦略的な提案までを担当。
事業推進を支援します。
勤務地 【東京・都心エリア】
【大阪・大阪エリア】
【愛知・名古屋エリア】
【福岡・福岡エリア】
勤務時間 9:00~17:30(実働7時間30分)
採用ステップ&スケジュール リクナビよりエントリーしてください。
?
会社説明&一次選考/個人面接・適性診断(OpenESまたは履歴書提出)
※採用・不採用に関わらず、ご連絡いたします。
?
二次選考/適性診断・プレゼンテーション
※採用・不採用に関わらず、ご連絡いたします。
?
(三次選考)
?
内定!おめでとうございます。

※選考に進むために会社説明会参加は必須事項ではありません。

給与 院卒/21万5000円
大卒/20万5000円
諸手当 職務手当(1万3667円/月)
業績手当
特別手当
営業手当
出張手当
通勤交通費(上限2万7500円/月)
退職金制度有
昇給 年1回
賞与 年2回

※会社業績に基づき支給。業績により支給されない場合もあります。
休日休暇 週休2日制(土・日)
祝日
夏季休暇
年末年始
有給休暇
慶弔休暇
産休・育休
保険 社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
退職金制度 あり(社内規定あり)

私たちM-ITコンサルティングは、「経営」コンサル会社です
個別の問題解決から、組織全体として問題解決するケースもあります
コンサルティングビジネスはプロジェクト単位での業務が多く、既存顧客だからといって長くお付き合いできるとは限りませんが、私たちはお客様の経営課題に深く踏み込み、「卓越したデータ分析」と「逃げないコンサル姿勢」で92・8%の継続率を誇っています
「実績」で選ばれているコンサル会社です
お客様へのソリューション提供に向けた、企画営業を担当していただきます。
企業の経営課題を掘り起こして、アプローチ・ヒアリングし、課題解決に向けたプランニング、戦略的な提案を行っていく仕事です。
契約締結後はコンサルタントと協働し、プラン進行の促進や、進捗の管理を行っていきます。

企画営業として経験を深めたら、志向や適性に応じてコンサルタントへのキャリアアップの道も用意しています。
クライアントのイノベーションの成功と成長の実現が何よりの喜び 私たちは、お客様の経営課題と向き合い、解決策を提供する経営コンサルティング会社です。人と組織を科学し、多角的に調査分析を行う「卓越したデータ分析」、そしてお客様の真のパートナーとして、事業推進、組織の問題解決を妨げる多くの障壁に対する「逃げないコンサル姿勢」を旨に全社一丸となって強固なチーム体制で業務を推進しています。他社と違うコンサル会社」とご評価をいただき、高いお客様継続率誇る会社です。お客様は北海道から沖縄まで、全国約1000社。中国・上海にも提携会社を設け、海外展開の足掛かりも築いています。
ソリューションプランナーからスタート。コンサルタントへの道も 既存顧客の継続率を大切にする一方で、新規顧客に私たちのビジネスを理解していただく機会づくりも重要。入社すると新人はまず、そうした業務を担当する「ソリューションプランナー」へ。展示会への出展やカンファレンスへの参加、学会活動などを通じて私たちのビジネスを発信し、続いて新規顧客の課題を深くヒアリングし、課題を明確化して、コンサルタントと一緒に提案していきます。そうして経験を深めたら、志向や適性に応じてコンサルタントへのキャリアアップの道も用意しています。個人目標は設定していますが、あくまでもそれによってどのようにお客様や組織、事業への貢献を重視。会社の業績の向上に応じて、全員にインセンティブ支給。
採用した人を責任持って育て、全員が喜びに満ちた組織を目指す 人材採用は会社にとって重要な投資であり、事業をともに成長させていく人との出会いはまさに巡り合せだと考えています。だから採用するだけでなく、入社後の育成についても責任をを持ち続けたい、そこから逃げないという思いを強く持っています。そうして成長した社員たちが、明るく闊達に意見交換し、擦り合わせ、健全な妥協をして、一人一人がそれぞれ「やれている」と実感できる組織を目指しています。社員と社長との距離も近く、普段一緒にランチをとることもしばしば。また若い会社ながらベテランの社員も数多くいて、日常的に指導してもらえる成長環境があります。働く人の質を常に追求し、探究していく。私たちはそんな会社です。
事業内容 コンサルタント業(クライアント企業の事業推進に向けた、組織や人材の改善・育成)

1)リサーチ/組織診断、人財診断、人事制度診断等
2)コンサルティング/戦略、マーケティング、営業、製造、事務部門など問題解決プログラム、
業務革新プログラム
3)トレーニング/次世代リーダーの育成を中心にした管理層開発や若手リーダーを中心にした
キャリア開発プログラム、OJT推進プログラム
4)ビジネスインテリジェンス/ITプログラムをクラウド提供する業務支援
設立 2010年5月21日
資本金 2500万円
従業員数 27名
売上高 非公開
代表者 代表取締役 金澤健郎
事業所 【本社】
東京都中央区八重洲

【支社】
・大阪府大阪市中央区
・愛知県名古屋市中区
・福岡県福岡市中央区
関連会社 上海曼仕企業管理諮詢有限公司
加盟団体 東京商工会議所中央支部
組織学会
経営行動科学学会
日本経営倫理学会
米国産業・組織心理学会(Society of Industrial Organizational Psychology)

〒104-0028
東京都中央区八重洲2-6-5 八重洲五の五ビル
03-6225-2841/採用担当
リクナビ 新卒 就職情報

http://www.vorkers.com/a0C1000000mBGHt/job/



[168] 学歴秘匿の戦うコンサルタント集団

投稿者: 関西でコンサルタント 投稿日:2015年 8月18日(火)19時09分40秒   通報   返信・引用

私が以前、務めていたコンサルタント会社がいつの間にか、社名変更して株式会社M-ITコンサルティングという社名に変わっていた。以前は、(株)M-ITソリューションズという社名で、あちこちを訪問した際、いったい、何の会社ですか、と尋ねられ、困ったことがある。当初は、ある超大手と言える企業とのコラボレーションでIT系のプロジェクトが立ち上がり、会社の中でコンサル+研修とIT系プロジェクトで車の両輪になるという話だった。
しかし、詳しい事情は今も知らないが、そのプロジェクトは完全に立ち消えとなり、その担当コンサルタントはおよそ2年間、収益ゼロに近い状態になった。それ以降も、おそらく年収分に相当する程度の収益しか稼いでいない。
ネットで確認した今日のことだが、社員数は20名だというが、紹介されているスタッフは代表を含む役員3人、Wさん、Fさん、Tさんの6人だけ。
6人はいずれも新卒でビーコン(株式会社ビジネスコンサルタント)に入り、10年あまり、あるいはそれ以上、営業担当及び営業管理職を経て、コンサルタントに職種転換してコンサルタントになっている。したがって、営業スキルは、他のコンサルタント会社出身の人よりもあるかもしれない。
というのも、私は研修会社(MSC)に勤務した経験があるが、最初から講師で採用されたので、見習いではあったが、営業活動をすることは一切なかった。その会社はクライアントが超一流企業だったが、独立して成功している人はほとんどいない。
M-ITというと、米国の名門大学マサチューセッツ工科大と何か関係があるのですか、と尋ねられることが何度かあり、恥ずかしくなった。というのも、そんな関係は何もないどころか、米国では映画でも、IQの高い人物の代名詞にMIT卒を使うが、日本の㈱M-ITソリューションズには、既に退職した私と契約スタッフをしている大木さん(慶應理工修士卒)を除いて、並程度以上の学歴の人物はいない。
まず、金澤建郎(たてお)代表は、自らも「人に言っても何かプラスになるかというと、とてもそうはならない、中途半端な学歴」で、駒澤大学経済学部卒だという。金澤氏の年齢から計算して大学に入学した時期は1960年代後半になる。多少時期は異なるが(1961年)、この時期の旺文社が示す大学のランキング、難易度を示す表がある。
これによると、300点満点で、合格者の平均点が東大文科Ⅰ類230を筆頭に、旧帝大の経済系及び横国、一橋、神戸、慶應経済などが170-185くらいで並び、150くらいで慶應の商学部があるほかは他の私学は120未満で、早大政経ですら、その程度、しかも、明治は80くらいなので、同じ尺度で測定不能の距離だった。
そもそも日程を2つに決めて2回しか受けられない国立大と、基本的に同じ大学でも学部の数だけ受けられるのが普通の私学では比較が困難なのだが、現在で言えば、当時の駒澤はフリーランクで、偏差値で言えば、45程度といったところだったと考えられる。現在、駒澤は昔よりかなり難化したと思われるが、50弱とされている。
役員二人は経験豊かなコンサルタントだが、出身大学は不明。岩崎氏は私大の工学部で電子工学科だったということだけわかっている。中原氏は私とほぼ同世代だが、地方都市にある同族企業のオーナーと親しくなるのが得意で、そのつながりを20年以上つないでいる。新規もあるが、それも過去の顧客からの紹介がほとんどだというから、するめのような人で、あるコンサルタント会社で面接を受けた際、どんな人がいるのか、を聴かれた際、答えたら、ベストなコンサルタントは中原さんだろうということだった。
40歳代に3人のコンサルタントがいる。それぞれ個性があり、一概に言えないが、偏差値50未満の大学の出身で、判断力、意思決定力、論理性、国語力などについてしなやかさを欠くということだ。それは、執筆するレポートの校正をした際に出てくる誤字脱字、意味の取違、自己矛盾などの頻度が半端ではないということだ。



[167] 八重洲に跋扈、学歴コンプレックス

投稿者: ビーコンOB 投稿日:2015年 5月 6日(水)18時22分28秒   通報   返信・引用

M-ITソリューションズにいる時、コンサルタント会社では割と普通に交わされる会話でタブーになっていたことがある。それは学歴のことで、金澤代表の息子で営業マネジャーとなっている一秀(かずひで)氏によると、「この会社は皆、学歴コンプレックスを持っていますよ」ということだった。
金澤社長は、ビーコンで副社長にまで昇進した人だから、それなりの組織内政治の力量とコンサルタントとしての技量をもっておられると思うのですが、駒沢大学の経済学部出身ということで、仕事上、学歴話は秘匿し続けてきた様子だった。
役員をしている岩崎氏と中原氏は、ビーコンで執行役員をしていただけのことはあり、常識もわきまえ、コンサルタントとしての力量、またクライアントからの信頼感も厚い人である。しかし、3年ほど関わったが、学歴については明らかにされることはなかった。ただ、岩崎氏は私立大学で理工学部の電子工学科の出身だということだった。
コンサルタントで役職者は4名いる。一人は高校時代、ラグビー部で、いかにも体育会系という雰囲気を持つ福間さんで、島根県出身だが、旧長州藩の出身ということに誇りを持っておられるようだった。福間さんは果断で、コンサルタントとしての修羅場を一人で切り盛りする技量を持っているが、自分自身で成果物を作り出すのはサクサクとは行かない。この福間さんと対称的なのが高野さんで、若作りに見えるが、福間さんより1学年上で、しかも、二人は同じ神戸学院大学の出身。高野さんは人柄がよく、生真面目で、品行方正そのものだが、ひらめきがいいほうではなく、納期を守って仕事ができず、いつも苦しんでいる。メビウスの輪のように思考がめぐり、快刀乱麻に行かないので、もともとコンサルタント向きではないのかもしれない。
ちなみに、神戸学院の経済・法の偏差値は最近のもので、40である。40も45も差がないと思うが、いずれにしてもフリーランクだったことは違いない。
また、渡邊篤史さんという人がいる。彼は、学生時代、モデルをしていたというほどで、長身でマスクもいい。身長は185くらい、十分ある。また、当たりがソフトで、腰が低く、わからないことがあると、素直に相手に尋ねる謙虚さを持っている。ただ、学歴や経歴を出すということには反感を持っておられ、出身大学は名城か中部大か、いずれにしても愛知県下の私大だということらしいが、明言されたことはなかった。反感を持った先は、出身大学を含めて経歴書の提出を求める企業があって、それが理由で、その会社とは疎遠になっていた。
もう一人はシステムが専門だという、鈴木久夫さんがいて、私と同級生なのだが、法学部を出たという自己紹介をしていたが、出身大学は明かさなかった。
いずれにしても、学歴があることがハンデになる、あるいは、学歴の裏面に負の遺産を背負っていると烙印を捺されるコンサルタント会社は、私の中では初めてだった。



[166] 八重洲のコンサル会社

投稿者: ビーコンOB 投稿日:2015年 5月 6日(水)18時16分35秒   通報   返信・引用

M-ITソリューションズでは、社員は温厚で柔和な人が多く、とにかく人懐っこくてお人よしと言ってもいいくらいの社員が主流でした。また、生真面目で、実直な方が多かったです。しかし、代表の金澤氏だけは例外で、気分の変調が激しく、癇癪持ちで、ナルシズムが強い反面、劣等感やひがみも強い人でした。自分を基準にあれこれと言うのですが、「コンサルタントは日東駒専くらいがちょうどいい」というのが持論の1つでした。それを聞かされた時、金澤氏が駒沢出身だとは私も知りませんでした。
業務委託関係で働いていて週に1回程度の頻度でやってくる大木君というコンサルタントがいた。彼は、慶應の理工の修士を出てビーコンに入ったらしいのですが、ビーコンでは、マーチクラスの大学がほとんど採用できていなかったと言っていました。
大木君は、システムにも強く、エクセルのマクロを巧みに組んで、工場の生産管理、例えば、装置や設備の位置関係の改善提案などをしながら、業務改革を進めるという本格的なコンサルティングを仕切ることができ、ビーコン時代も年商1億円以上の実績で屈指の若手の有力コンサルタントだったそうです。実家の事情で、不動産業を継いでいて、パートタイムでM-ITには関与していました。彼は、国立大と慶應理工には落ちて最初、環境情報学部に入学したらしいのですが、理工学部の2年次編入制度で理工学部に移ったということでした。
社員のコンサルタントは自分自身で完結したコンサルティングをやれるのは役員の3人だけで、残りのコンサルタントは、サブ講師の仕事がメインでした。



[164] Re: 検察事務官の女、機密朗詠で逮捕。

投稿者: 湯浅里絵の元彼 投稿日:2014年10月12日(日)20時49分3秒   通報   返信・引用

> 検察事務官の女、同居の男らに捜査情報漏らす
>
>  暴力団員が関わる詐欺事件の捜査情報を女性検察事務官が知人の暴力団関係者に漏らしていたとして、静岡県警は19日、静岡地検の検察事務官鈴木美穂容疑者(30)(静岡県富士宮市小泉)ら3人を国家公務員法違反(守秘義務違反)などの疑いで逮捕した。
>
>
>  鈴木事務官のほかに逮捕されたのは、交際相手の建設業鈴木明容疑者(38)(静岡県富士宮市小泉)と、知人の指定暴力団山口組系組幹部の坂井誠容疑者(39)(富士宮市大岩)で、いずれも同法違反(そそのかし)の疑い。
>
>  発表によると、鈴木美穂容疑者は、2010年12月下旬、山口組系組員による交通事故保険金を巡る詐欺事件の捜査端緒や勾留中の組員の求刑に関する情報を、坂井容疑者に携帯電話のメールで漏らした疑い。鈴木明、坂井両容疑者は共謀して同月中旬~下旬、鈴木美穂容疑者に情報提供を働きかけた疑い。
>
>  捜査関係者によると、鈴木美穂、鈴木明の両容疑者は婚姻関係にはなかったが同居し、3人は知り合い同士だった。県警は、この事件以外にも複数の捜査情報が暴力団関係者に漏えいしたとみて、さらに捜査を進める。
>
>  鈴木美穂容疑者は03年に検察事務官に採用。捜査関係者によると、警察から送られてくる捜査資料を受け付ける業務の担当で、容疑者情報を管理するパソコンを閲覧できる立場にあったという。仕事ぶりはまじめだったという。
>
> (2013年6月19日11時59分  読売新聞)
>


レンタル掲示板
148件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.